女性特有のびまん性脱毛症にも効果が出やすいハニークリニックのHARG療法!

びまん性脱毛症は毛髪全体的に薄くなる女性特有の薄毛の症状です。
少しずつ進行するため最初は気が付かないことが多いです。
何らかの原因でホルモンバランスが乱れると発症します。
男性の薄毛と違い、女性の薄毛のほうが治しやすいと言われています。

HARGカクテルを頭皮に注入するHARG療法

ハニークリニックのHARG療法はそんなびまん性脱毛症にも効果が出やすいと言う特徴があります。
HARG療法では脂肪幹細胞から成長因子を抽出しHARGカクテルを生成、そのHARGカクテルを頭皮に注入しています。
成長因子が毛乳頭や毛母細胞を刺激し、発毛を促進させています。
幹細胞じたいも成長因子の分泌を始めるため、効果が長く持続するのが良いところです。
頭皮に注射すると言うと痛そうですが、神経ブロック麻酔を行うために痛みは感じないです。
HARG療法では1クール、月1回合計6回行われます。
その後は2か月に1回、その後は6か月に1回メンテナンスを受けます。
ハニークリニックでは通常1回8万円のところ、1回7万円と1万円安くなっています。
1回7万円でもトータルで考えるとかなりの出費となりますが投薬による薄毛治療と違い、長々と続けなくて済むと言うのが大きいです。
パントガールと言う女性の薄毛用の内服薬を併用することも可能です。
HARG療法は医療機関でしか受けられない薄毛治療となっています。
日本医療毛髪再生研究会で検証を行っており、きちんと根拠のある薄毛治療でもあります。
最近毛髪のハリやコシが無くなってきた、ボリュームが少なくなってきた、分け目が目立ってきたと言う女性は注目してみて下さい。